大人ニキビ研究室

大人ニキビから解放されて、心から笑顔になるために

ニキビの対策

気になる「鼻の黒ずみ」。肌に負担をかけないケア方法をご紹介

小鼻に出来てしまった黒いポツポツ(いちご鼻)、とても気になりますよね。本記事では、鼻の黒ずみが出来る原因から、出来てしまった時に、肌に負担をかけずにケアする方法を紹介します。

毛穴の黒ずみはなぜできる?

毛穴の黒ずみの正体をご存知でしょうか?

それは、毛穴に詰まった皮脂が角栓となり、表面が酸化して黒ずんだものです。皮脂の分泌量が多いオイリー肌の方にできやすいです。理由は、オイリー肌の人は人よりも皮脂の分泌量が多いため、皮脂を外に排出するために少しずつ毛穴が広がっていきます。毛穴が広がるということは、大きな角栓ができやすいため、黒ずみとして目立ちやすくなります。

毛穴の黒ずみ解消の裏ワザ

毛穴につまった皮脂が酸化してできる毛穴の黒ずみ。特に目立つのは小鼻からほおにかけての部分です。

毛穴用のはがすパックでごっそり取り去る方法もありますが、肌への負担が大きいのも事実。今回は肌への負担の小さいケア方法を紹介します。

タイミングは毛穴の開く“入浴時”

体が温まって毛穴が開いている入浴時に行うケア方法になります。

まず、熱いお湯を絞った蒸しタオルを作り、鼻に充てて十分に毛穴を開きます。

次に、良質のオイルクレンジング料や保湿・保護用の美容オイルをつけて小鼻を優しくマッサージします。

クレンジングオイルならその後洗い流し、美容オイルならそのままにして、体を洗ったり、湯船につかったりして時間を置き、最後に洗顔フォームを使って十分に洗い流します。

お風呂から上がったら、化粧水をつけたコットンの厚みを二枚に裂いて両手に持ち、小鼻を両側から挟むようにして毛穴に詰まった皮脂を優しく押し出します。

この方法は、キッチンの換気扇の油汚れに油をつけると、汚れが解けてよく落ちる原理と同じになります。毛穴に詰まってへばりついていた皮脂がオイルで溶かされ、だしアスクなります。

ケア後は毛穴を引き締める

ぬるま湯で顔を洗ったり、毛穴から皮脂を押し出した後は、かならず最後に冷水で何度か顔をすすいで、毛穴を引き締めましょう。

タオルで水気を吹いた後、収れん効果(引き締め効果)のある化粧水をコットンにf九間瀬、優しく丁寧にパッティングすればなお効果的です。

夏場は化粧水を冷蔵庫で冷やしていくと持ちよく、肌もしゃきっと目覚めます。朝のメイク前に毛穴を引き締めておけば、日中の皮脂によるメイク崩れも軽減し、一石二鳥です。

-ニキビの対策