大人ニキビ研究室

大人ニキビから解放されて、心から笑顔になるために

ニキビの原因

思春期ニキビの特徴と治し方

ニキビには大きく分けて「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の2種類が存在します。し旬ニキビと大人ニキビでは、その原因や特徴、治し方が大きく変わってきます。

思春期ニキビの特徴

思春期ニキビは、名前の通り思春期(中学生~20歳くらい)を目途にできるニキビで、「おでこ」や「ほお」、「鼻」などを中心にポツリポツリとできます。

一方で、大人ニキビは、男性のヒゲが生えるフェイスラインや顎(あご)などを中心にまとまって発生します。また、いわゆる白ニキビと赤ニキビ(炎症を起こしているニキビ)の両方が発生します。

そのため、両者の見分け方は難しくありません。

思春期ニキビが出来る原因

思春期ニキビができる、中学生~20歳くらいは成長期。体の成長に伴って、皮脂の分泌も盛んになります。

ニキビができる原因は至ってシンプルで、皮脂や角質が毛穴に溜まり、内部でアクネ菌をはじめとする細菌が繁殖して、白ニキビ⇒(黒ニキビ)⇒赤ニキビ⇒黄ニキビという順序で発達していきます。

(アクネ菌は嫌気性といって、酸素がない状態を好み、また皮脂を栄養として繁殖するため、毛穴が閉じ内部に皮脂が溜まった状態は格好の繁殖場となります)

皮脂の分泌量が増え始める成長期は、毛穴が小さく、分泌する皮脂量に対して、排出する皮脂量が少ない状態となります。そのため、毛穴が詰まりやすく、ニキビとなります。

これが思春期ニキビのできる原因です。

思春期ニキビを治すには?

思春期ニキビの原因は、皮脂の分泌が過剰なことに尽きます。一方で、大人ニキビはそれ以外にもホルモンバランスの崩れやストレスなど様々な要因が重なるので、症状や環境に合わせた適切な処置が必要になります。

そのため、何より「洗顔」が重要になります。皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まることが原因ですので、朝晩丁寧に洗顔を行うことが大切です。

「サリチル酸」配合の洗顔フォームを

ただ、きっとこの記事を読んでいる方は、日ごろからしっかりと洗顔を行っているはず。それにもかかわらずニキビが出来るということは、しっかりと皮脂や古い角質を落とし切れていないのではないでしょうか。

しっかりと皮脂や角質を落とすためには「サリチル酸」が配合された洗顔フォームを使用することをおすすめします。サリチル酸には皮膚を柔らかくして、古い角質や皮脂を除去する働きとアクネ菌を殺菌する役割があります。

CMで有名な「プロアクティブ」には、しっかりとサリチル酸が含まれています。(なお、筆者は10年以上プロアクティブを使い続けています)

IMG_0989

こちらは私が日ごろから使用している洗顔フォーム(プロアクティブ リニューリングクレンザー)と化粧水(オルビス アクアフォース(さっぱりタイプ))、ポイントケア(リニューリング トリートメント)の3点セットです。

保湿を忘れずに

ただ、サリチル酸での洗浄は、皮膚のバリア機能を低下してしまうのも事実。通常の洗顔フォームに比べて、皮膚が乾燥しやすくなります(つっぱりやすくなります)。そのため、しっかりと化粧水で保湿することを忘れないようにしてください。

朝晩意外にも、汗をかいたらできるだけ洗顔を

汗とニキビの組み合わせは、実は最悪です。汗をかいたならばできる限り早く洗顔するように努めましょう。できない環境の場合には、早めにふき取るだけでも変わってきます。

洗顔以外の対策は?

最後に洗顔以外の対策として、筆者が実践してきてもっとも効果的だったのは、「甘いもの」と「脂質の多いもの」を控えること。

脂質は、イメージしやすいと思いますが、皮脂の分泌を促します。ですので揚げ物やファーストフードなど脂質を多く含む食べ物は出来る限り控えましょう。

また、意外と知られていないのが「甘いもの=糖質」の取りすぎです。糖質は体の中でビタミンBを消費してしまいます。ビタミンBは肌の調子やバリア機能を高めるうえで重要な栄養素ですが、それが失われてしまうのです。

そのため、できる限り食事以外での甘いもの(お菓子やスイーツなど)を摂取するのはひかえましょう。これだけでも非常に大きい効果が期待できます。

-ニキビの原因