大人ニキビ研究室

大人ニキビから解放されて、心から笑顔になるために

ニキビの原因

知っておきたい。ホルモンバランスと大人ニキビの関係

2016/09/19

f4601d7ef1bb94cec8bf554587553f081aab5a32

おでこや、ほおにできる思春期ニキビと違って、大人のニキビの大半はあごやフェイスラインなど、男性のヒゲが生える部分を中心にできます。

これは偶然ではなく、実際に大人ニキビに悩まされる女性の半数は血液中の男性ホルモン値が高まっているといわれています。

生理前にニキビができやすい理由

女性のからだの中では、もともと卵巣と副腎皮質から微量の男性ホルモンが分泌されています。また卵巣からは、「卵胞ホルモン」と、男性ホルモンに似た働きをする「黄体ホルモン」という二種類の女性ホルモンが分泌されており、そのバランスが一定周期で変わることによって、排卵や生理が起こっています。

生理前になると、ニキビが出来やすい女性が多いのは、その時期は皮脂の分泌を高める作用のある黄体ホルモンの値が優位になっているためです。

赤ニキビには要注意

大人ニキビの特徴は白ニキビと赤ニキビが混在し、あごやフェイスラインを中心にできることです。

あごやフェイスラインに赤くはれたニキビが複数出来たら、事故処理は禁物です。赤ニキビを無理に潰すと、皮膚組織の奥が破壊され、色素沈着やクレーターのような跡が残ってしまう可能性があります。

肌の調子が上り調子な10代に比べ、大人になってからの皮膚の回復は遅いもの(ターンオーバーのペースが遅い)、そのため一度大きなダメージを負ってしまうと、治りにくくなってしまいますので。

そのような状態になったら、自分で対処するのではなく、医師に相談するようにするのがおすすめです。

女性特有の肌周期を知ろう

先ほど説明した、黄体ホルモン値が卵胞ホルモン値より優位になっている時期(黄体期)、つまり生理が始まる約二週間前の排卵日から生理直前までがもっとも不安定なタイミングになります。

このタイミングは、普段使っている化粧品でも刺激を感じたり、いつも以上に肌荒れを起こしやすい状態になっています。そのため、この時期には化粧品を変えたり、カラーやパーマをかけるのはやめたほうがよいです。

また、この時期は精神面では、月経前症候群という書状が現れることもあります。苛立ちなどのストレスもニキビ悪化の要因になりますので、脂っこい食事や糖質の取りすぎを避けたり、イライラを抑えるカルシウムを摂取したりする工夫が重要になります。

また生理が始まるころには、卵胞ホルモン値が優位になるため、肌は自然と落ち着きを取り戻します。

黄体期(生理2週間前~生理まで)こそニキビケアを

黄体期にニキビが出来やすいということは、逆に言うとこの時期は特にニキビに対してしっかりとケアを行うことで、きれいな肌を保ち続けることができます。

食事面では、ニキビの原因となる脂質や糖質を過剰に摂取しないこと。そして、基本となるクレンジング、洗顔、保湿、保護を朝晩丁寧に繰り返すことをこころがけることが大切です。

特に皮脂の出口がふさがらないことを意識するのが良いと思います。メイクと汚れ、余分な皮脂と古い角質を肌に残こさないよう、洗い流すタイプのクレンジングや洗顔で肌に刺激を与えず、優しく洗いましょう。

生理前のイライラと便秘解消に「硬水」がおすすめ

生理前には、ホルモンの影響で便秘がちになる女性が多いです。また、月経前諸侯群のためにイライラしやすくなります。このどちらもニキビの原因となります。

そこでおすすめなのが「硬水」です。硬水にはマグネシウムとカルシウムが含まれますが、マグネシウムには便秘を解消する機能があり、カルシウムにはイライラを解消する機能があります。

日常的に硬水を飲むようにすれば、劇的ではないけれどもじわじわとその効果を感じられるはずです。

-ニキビの原因